2018年惜しまれながらも解散となってしまいましたが、多くの名曲を残し、この時代のガールズバンドの代表とされる存在が「チャットモンチー」です。2006年のメジャーデビューから現在まで、彼女たちが他のガールズバンドに与えた影響は計り知れません。

今活躍中の若いガールズバンドの、その殆どから彼女たちの面影を感じることができるほどです。多くの時期を3ピースバンドとして過ごしましたが、2011年にドラムスの高橋久美子が脱退してからは、新メンバーを入れず2人組のバンドとして活動を続けました。

代表作「生命力」

彼女たちをトップバンドに押し上げた「シャングリラ」を含む、人気曲が目白押しのアルバムです。