日本を代表する女性ボーカルバンド「レベッカ」は、その後の日本のJポップシーンの1つの雛形を作ったバンドです。1984年にメジャーデビューした当初は、リーダーでギターの小暮武彦を中心としたロック色の強いバンドでしたが、音楽性の違いから彼とドラムの小田原豊が脱退。キーボードの土橋安騎夫を中心に、ボーカルNOKKOの個性とキャラクターを前面に出したバンドとなります。このスタイルが、その後のJポップシーンで何度も使用されていくことになるのです。

代表作「BLOND SAURUS」

彼らの代表作に中期のアルバムをあげる方は多いと思いますが、土橋とNOKKOが作り出す洋楽志向のポップスが極まった「BLONDO SAURUS」をここでは代表作とします。