椎名林檎がソロとしての活動を終え、バックバンドのメンバーと「東京事変」として活動を始めたのが2004年。そして最初に出したシングルがこの「群青日和」でした。ソロ時代の彼女のイメージを踏襲しながらも、よりギターサウンドを前面に出したこの曲は、彼女がこのバンドのボーカリストとして活動していくことへのマニフェストでもありました。それだけこの「群青日和」は、椎名林檎の曲としてではなく、バンドの曲として完成されていたのです。もちろん彼女の存在感は別格で、特に彼女の書いた詩は、多くのフォロワーを生み出すほどでした。

シングルチャート

オリコンウィークリーチャート2位にまで上り詰めたこの曲のヒットで、バンドは勢いに乗りました。続いて発表されたシングル「遭難」も同様に2位を獲得するのです。