バンドとしても取り上げているのでここで紹介しようか迷ったのですが、この曲が世に現れたときの衝撃の大きさから外すことはできませんした。それほどチャットモンチーの「シャングリラ」の登場は、ミュージックシーンに驚きをもって迎えられたのです。印象的なドラムから始まるこの曲は、その後ベースが絡み、そして一度聴いたら忘れられないメロディーのさびパートが乗ってくる、独特なポップソングです。また曲中に変拍子が入るため、普通のポップスとは違う不思議なリズム感を感じる曲でもあります。唯一無二の魅力に満ちた、まさしく不朽の名曲です。

シングルチャート

オリコンウィークリーチャートで最高6位を記録。チャート登場15回のロングヒットを記録し、チャットモンチー最大のヒットシングルとなりました。